8月10日に迎えた初戦で0‐10で敗退した高校の名称が数奇すぎる!

アサ芸プラス

8月10日に迎えた初戦で0‐10で敗退した高校の名称が数奇すぎる!

それは01年の第83回大会でのこと。新潟県代表は春夏を通じて甲子園初出場となる十日町高校だ。ただでさえ緊張するのに、初戦の相手が四国の強豪・明徳義塾(高知)。さらに第4試合で試合開始が午後6時だったこともあり、ナイターになってしまったから十日町の選手たちが自分を見失ってしまうのも無理はなかった。 立ち上がりの1回表。十日町のエース・尾身の調子は決して悪くはなかった。先頭バッターの橋本をピッチャーゴロに...

「8月10日に迎えた初戦で0‐10で敗退した高校の名称が数奇すぎる!」のページです。デイリーニュースオンラインは、十日町高校明徳義塾高校野球甲子園スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧