韓国協会に内紛勃発 韓国代表ウォルターズ監督が資格停止4か月

ラグビーリパブリック

韓国ラグビー界にごたごたが発生している。 大手通信社、聯合ニュースは7月末、大韓ラグビー協会(KRU)が代表監督らに処分を下したと伝えた。内容は、代表選手選出や強化を担当するチョ・ソンチョル技術強化委員長を解雇、ジョン・ウォルターズ監督に4か月資格停止というもの。同時に処分を付託されたチェ・ユン副会長は現在も結論が出ていない。 報道によると処分理由は、今年のアジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)期...

「韓国協会に内紛勃発 韓国代表ウォルターズ監督が資格停止4か月」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧