女子W杯挑戦中の日本にまたも痛手 冨田が危険なタックルで3試合出場停止

ラグビーリパブリック

現在、アイルランドで開催中の女子ラグビーワールドカップでベスト8を目標に掲げるサクラフィフティーン(女子日本代表)が、またも痛手を負うこととなった。CTB加藤慶子、NO8マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ、SO福島わさなの負傷離脱に続き、キープレーヤーのひとりであるCTB冨田真紀子が3試合出場停止になったことが日本ラグビー協会から発表された。 冨田は現地時間8月9日におこなわれた初戦のフランス戦で、後半28...

「女子W杯挑戦中の日本にまたも痛手 冨田が危険なタックルで3試合出場停止」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧