アップル、米国内製造への動き急速化…確立した製造モデルを大転換の可能性

ビジネスジャーナル

カリフォルニア州にあるアップル本社(「Wikipedia」より)
カリフォルニア州にあるアップル本社(「Wikipedia」より)

米国のドナルド・トランプ大統領は、「アメリカファースト」を掲げ、製造業の米国回帰と米国国内における雇用の創出を強調してきた。そのやり玉に挙がっていたのがアップルをはじめとする、米国外での製造によって莫大な利益を抱え、その利益を米国外に蓄積しているグローバル企業だ。「アップルに、米国内に工場をつくらせる」ことは、トランプ大統領にとって就任前からのひとつのわかりやすいゴールとなっていた。  7月25日...

「アップル、米国内製造への動き急速化…確立した製造モデルを大転換の可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、シャープアップルiPhone社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧