“精のつくもの”は時には逆効果!?猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず!

アサ芸プラス

“精のつくもの”は時には逆効果!?猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず!

日本列島、猛暑が続く今年の夏。しかも猛烈な蒸し暑さだ。体力は消耗し、食欲も落ちる。そのため夏バテが続出することになる。そんな今、旬の夏野菜のキュウリを食べればいいという。夏バテが例年以上に話題になる今年の夏。スタミナをつけようとウナギだ、ステーキだ、ニンニクだ、と精のつくものを求めがちになるが、フードコンサルタントの萩原千恵管理栄養士はこう話す。「夏バテはだるさや疲労感や自律神経の乱れ。消化機...

注目記事
「“精のつくもの”は時には逆効果!?猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず!」のページです。デイリーニュースオンラインは、萩原千恵山田徳子キュウリ夏バテ野菜カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧