安楽死を願う親も……巨大腫瘍に苦しむ中国の子どもたち「頼みの綱は募金」

日刊サイゾー

顔面を巨大な腫瘍に侵された3歳の女児(新浪新聞)
顔面を巨大な腫瘍に侵された3歳の女児(新浪新聞)

環境汚染や環境ホルモンの影響か、中国では体の一部に巨大腫瘍を発症する患者が増えている。  小さな子どもたちも例外ではない。「鄭州晩報」(8月5日付)は、左目に網膜芽細胞腫を患うも治療が受けられず、苦しみながら暮らす5歳の男児について報じている。河南省平頂山市魯山県に住むこの男児は、巨大化した左目の腫瘍がすでに顔半分を覆い尽くし、視力も失ってしまっている。男児の母親は同紙の取材に対し、「本当はこの子...

注目記事
「安楽死を願う親も……巨大腫瘍に苦しむ中国の子どもたち「頼みの綱は募金」」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外ニュース中国海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧