もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税

まいじつ

(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

ふるさと納税の新たな活用法が、富裕層を中心に注目を浴びている。 千葉県房総半島の中央にある、人口約1万人の大多喜町が始めたふるさと納税でもらえる『ふるさと感謝券』(金券)が、富裕層の一部で話題となった。同町は2014年12月に返礼品として金券を贈り始め、2015年度の寄付額は前年度の40倍近い18億5500万円になった。そのうち、96%が金券を求める寄付だったという。そんな大喜多町では、感謝券で自動車や自動車の関連...

「もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税」のページです。デイリーニュースオンラインは、ふるさと納税社会問題税金社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧