【衝撃】ドラッグ使用時の方が「正気」であると主張する哲学者が出現!「通常こそ幻覚。ドラッグで真理に至る」

トカナ

イメージ画像は、「Thinkstock」より
イメージ画像は、「Thinkstock」より

「正気」とは一体どんな状態のことだろうか? 普通、前後不覚の酔っ払いやドラッグでハイになった人物に対し「正気じゃない」という言葉が浴びせかけられるものだが、オーストラリアの哲学者クリス・レスビー氏によると、むしろ幻覚剤を用いた人物の方が「正気」であり、通常の知覚状態は「幻覚」であるという。 ■幻覚剤が引き起こす「直接知」とは?  この度、2017年に幻覚経験と認知哲学を結びつけた野心的な博士論文を...

注目記事
「【衝撃】ドラッグ使用時の方が「正気」であると主張する哲学者が出現!「通常こそ幻覚。ドラッグで真理に至る」」のページです。デイリーニュースオンラインは、認知幻覚意識仏教哲学社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧