バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!

トカナ

画像は「Wikipedia」より引用
画像は「Wikipedia」より引用

ラモーンズは1974年にニューヨークで結成、14枚のアルバムを残して、1996年に解散した伝説のパンクロックバンドだ。薄汚れた黒革のバイカージャケットに強面の4人組。一種独特な悪のオーラを放ちながら、40代の若さで音楽シーンから引退した。パンクバンドとしては長寿だったが、幕引きは実にあっさりしたものだった。だが、ストーリーには続きがある。オリジナル・メンバーは全員、すでに死亡しているのだ。人呼んで“ラモーン...

「バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!」のページです。デイリーニュースオンラインは、ラモーンズ佐藤Kayパンクバンド都市伝説カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧