若狭勝 小池方式で「二大政党制を目指す」(2)3分の1は「政治経験なし」で

アサ芸プラス

若狭勝 小池方式で「二大政党制を目指す」(2)3分の1は「政治経験なし」で

もう一つ言うと、採決の党議拘束も問題。「賛成」「反対」が決まっちゃっているから、議論しても頭で考えてもしょうがない。そのせいで、議員の能力がえらく下がってしまう。内容を自分の頭で考えないから、自分自身でわからないまま、採決で賛成か反対かを決めてしまうことになる。これが「しがらみ政治」につながるのです。── 自民党を離党した際、加計学園問題も「しがらみ政治」の象徴としてあげていましたね。 加計学園の...

注目記事
「若狭勝 小池方式で「二大政党制を目指す」(2)3分の1は「政治経験なし」で」のページです。デイリーニュースオンラインは、日本ファーストの会加計学園若狭勝小池百合子自民党社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧