変なホテル、泊まったらヒドかった…コストカット優先で客を動き回らせる、顧客目線ゼロ

ビジネスジャーナル

変なホテル受付(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
変なホテル受付(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

今、もっともホテル業界で注目を浴びているのは「変なホテル」だろう。 「変なホテル」とは2015年夏、長崎県佐世保市のハウステンボスにオープンしたホテルで、“変わり続けることを約束する”というコンセプトにした、ロボットが活躍する次世代型のスマートホテルだ。  1992年に開業したハウステンボスは、オランダの街並みを再現し、園内に水や電力、ゴミのリサイクルシステムなどを備え、自然の生態系を守る取り組みを続け...

注目記事
「変なホテル、泊まったらヒドかった…コストカット優先で客を動き回らせる、顧客目線ゼロ」のページです。デイリーニュースオンラインは、変なホテル東京ディズニーリゾートハウステンボス社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧