【タトゥー裁判】彫師を医師法違反で次々に逮捕する警察は正当か?表現の自由の侵害か?

ビジネスジャーナル

彫師の増田太輝氏(「SAVE TATTOOING in Japan」HPより)
彫師の増田太輝氏(「SAVE TATTOOING in Japan」HPより)

2015年9月に医師免許を持たずタトゥー施術を行ったとして医師法違反の罪に問われ、罰金30万円の略式命令を受けた彫師の増田太輝氏。しかし、増田氏は「タトゥーはアートであり、医師免許を取得して行うものではない」として裁判を申し立て、2017年4月26日に大阪地裁で初公判を迎えた。  裁判で検察側は、針を皮膚に突き刺して色素を沈着させる行為は、細菌に感染したり血管を傷つけたりする危険がある医療行為だと指摘。弁護...

「【タトゥー裁判】彫師を医師法違反で次々に逮捕する警察は正当か?表現の自由の侵害か?」のページです。デイリーニュースオンラインは、彫師医療行為タトゥー裁判社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧