『空から降る一億の星』は韓流ブームの走りだった? 殺人犯役に挑んだ木村拓哉…悲しい結末に涙

wezzy

『空から降る一億の星 第1巻』ビクターエンタテインメント
『空から降る一億の星 第1巻』ビクターエンタテインメント

木村拓哉さんの出演した“月9”作品を辿っていく『キムタ9』。5回目は、2002年放送の『空から降る一億の星』を回想したいと思います。 放送当時は、SMAPが言わずと知れた大ヒット曲『世界にひとつだけの花』をリリース、バラエティ番組にも多数出演し、個々の特性を生かしたソロ活動も充実。彼らが生み出したであろう“国民的アイドルグループ”という肩書きにふさわしい存在へと成長していました。光GENJIのバックについていた頃...

注目記事
「『空から降る一億の星』は韓流ブームの走りだった? 殺人犯役に挑んだ木村拓哉…悲しい結末に涙」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸能ドラマカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧