体罰を覚悟の問題にする武井壮と、体罰が「暴力」であることを忘れているカンニング竹山。

wezzy

うえにし小百合公式ツイッターアカウントより
うえにし小百合公式ツイッターアカウントより

先日wezzyでは、ジャズ・トランペット奏者の日野皓正氏による男子中学生への体罰について、芸能界で「体罰容認論」が跋扈している様子をまとめた。・日野皓正ビンタ報道に沸く「体罰容認論」。松本人志、和田アキ子、ヒロミ、三村マサカズ、井戸田潤のコメントと、垂れ流しのテレビメディア 当該記事では、確認したかぎり明確に体罰を否定したのは爆笑問題の太田光のみだったこと、「コミュニケーションでビンタをしないといけ...

「体罰を覚悟の問題にする武井壮と、体罰が「暴力」であることを忘れているカンニング竹山。」のページです。デイリーニュースオンラインは、テレビ炎上芸能カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧