21人に1人が体外受精児。もう誰も「試験管ベビー」とは呼ばない。

wezzy

21人に1人が体外受精児。もう誰も「試験管ベビー」とは呼ばない。

「卵子は老化するから、若いうちに出産しよう」と説く“「卵子の老化」キャンペーン”の影響で、「卵子凍結保存」が注目されるようになったが、凍結卵子による妊娠確率は低いため、将来の出産に備えての「保険」にはならないと前回書いた。しかし、現実に凍結卵子を用いて無事出産に至った女性も存在する。 2016年10月に放送された「“老化”を止めたい女性たち 広がる卵子凍結の衝撃」(NHK『クローズアップ現代+』)によれ...

「21人に1人が体外受精児。もう誰も「試験管ベビー」とは呼ばない。」のページです。デイリーニュースオンラインは、不妊治療育児出産妊娠カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧