真木よう子、ドラマ打ち切りの後遺症で危惧される”歌舞伎町での飲み歩き癖”

デイリーニュースオンライン

Photo by Lara Cores(写真はイメージです)
Photo by Lara Cores(写真はイメージです)

クラウドファンディング騒動に加えて、撮影ドタキャン報道で世間を騒がせている、真木よう子(34)主演のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)最終回が9月7日に放送され、平均視聴率が4.3%だったことが分かった。  同ドラマは、放送開始当初から平均視聴率が3~4%台と低迷し、全10話の予定が、今回の第9話で打ち切りとなった。主演の真木は、放送開始当初から自身のTwitter上で視聴を呼び掛けるなど奮闘したが、その...

「真木よう子、ドラマ打ち切りの後遺症で危惧される”歌舞伎町での飲み歩き癖”」のページです。デイリーニュースオンラインは、真木よう子CAMPFIREエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧