「愛してたって、秘密はある」陳腐展開に視聴者評価が大暴落

まいじつ

(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

9月10日に放送された連続ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)で、福士蒼汰の演技のまずさを批判し、「最終回が予想通りの展開だとつまらない」と予定調和を嫌うファンの声が殺到している。 今回の第9話は、11年前に黎(福士蒼汰)の母親の晶子(鈴木保奈美)が、夫の奥森皓介(堀部圭亮)の暴力に耐えかねて殺害したと、実際に殺害した黎の身代わりとして自首をした。黎は、恋人の立花爽(川口春奈)の父親...

注目記事
「「愛してたって、秘密はある」陳腐展開に視聴者評価が大暴落」のページです。デイリーニュースオンラインは、愛してたって、秘密はある。福士蒼汰日本テレビドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧