福岡ホークス元社長、「再生請負人」から強制わいせつで有罪へ…選手とファン激怒させボイコット事件も

ビジネスジャーナル

引退セレモニーの際の小久保裕紀氏
引退セレモニーの際の小久保裕紀氏

高塚猛氏(プロ野球球団・元福岡ダイエーホークス<現福岡ソフトバンクホークス>社長、元ダイヤモンド社社長)は8月27日、慢性腎不全で死去した。享年70。持病の糖尿病が悪化し、2013年1月に脳梗塞となり、寝たきりの状態だったという。岩手県盛岡市の自宅で闘病生活を送っていた。  高塚氏は事業再生請負人の半生を送った。  1947年、東京・浅草生まれ。都立一橋高校を卒業し1965年、リクルートに入社。上司を上司とも思...

注目記事
「福岡ホークス元社長、「再生請負人」から強制わいせつで有罪へ…選手とファン激怒させボイコット事件も」のページです。デイリーニュースオンラインは、高塚猛福岡ソフトバンクホークス巨人スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧