熟女人形作家が詐欺容疑 自ら“生き(抱き)人形”になった「作れば売れたのに…」のナゼ?

週刊実話

人気の人形作家で一体の価格も高額で1体数百万円する物もある「球体関節人形」。関節部分に球体を使用することで自在にポーズをとることができる特殊な人形を制作していた世界的にも有名な人形作家が詐欺容疑で逮捕された。岡山地検は8月29日、堀佳子容疑者(54=東京都)と、共同で工房を経営していたマネージャーの渡辺志保容疑者(54=岡山県)を詐欺容疑で逮捕したと発表した(逮捕は17日)。 「堀容疑者の直接の容疑は、2013年3...

「熟女人形作家が詐欺容疑 自ら“生き(抱き)人形”になった「作れば売れたのに…」のナゼ?」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧