大腸菌O-157感染者拡大、下痢止め服用で重症化の恐れ…タオルや調理器具経由で感染も

ビジネスジャーナル

「Thinkstock」より
「Thinkstock」より

埼玉県感染症発生動向調査事業によると、埼玉県内で8月21日~8月27日に39人がO-157と診断された。また、8月30日現在での全国のO-157 感染者の累積報告数は506人。この内、ベロ毒素(VT)型別は、VT2 が 597人、VT1が 44人。注目すべきは、検出されたのがVT2と呼ばれる毒素を出す同タイプのO-157が多く報告されている点だ。  特に埼玉のケースは、同時期に一定地域で同タイプのO-157が検出されており、感染源が同じ可能性が高...

注目記事
「大腸菌O-157感染者拡大、下痢止め服用で重症化の恐れ…タオルや調理器具経由で感染も」のページです。デイリーニュースオンラインは、感染経路下痢止めO-157食中毒カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧