真木よう子、最悪の空気だった主演ドラマ撮影とコミケ騒動の笑えない顛末

デイリーニュースオンライン

Photo by Lara Cores(写真はイメージです)
Photo by Lara Cores(写真はイメージです)

女優の真木よう子(34)が主演を務めたドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の撮影現場の緊迫した裏話が報じられ、話題を呼んでいる。  一部報道では、スタッフ不足による直前でのロケ現場の変更や撮影スケジュール変更などがかなり多く、現場の雰囲気は最悪だったのだという。同ドラマは初回の放送が5.1%から始まり、今月7日に迎えた最終回の視聴率も4.3%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)と、一度も二桁になる...

「真木よう子、最悪の空気だった主演ドラマ撮影とコミケ騒動の笑えない顛末」のページです。デイリーニュースオンラインは、真木よう子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧