税務調査で問題になりがちな「貸付金処理」を認めてもらうために必要なこと

相談LINE

税務調査で問題になりがちな「貸付金処理」を認めてもらうために必要なこと

税務調査で問題になる項目の一つに、売上を除外した資金などの取扱いがあります。このような資金について、国税は何に使われたのか検討する必要がありますが、その使途を完全に解明することが困難ですので、実務では社長が個人的に使ったとして、社長に対する賞与として処理することが多くあります。 社長に対する賞与になると、賞与に対する源泉所得税などがかかりますので、税額が多額になることがほとんどです。こうならない...

「税務調査で問題になりがちな「貸付金処理」を認めてもらうために必要なこと」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧