つい油断して税金をちょろまかすと、必ず税務調査が入る理由

ビジネスジャーナル

「Thinkstock」より
「Thinkstock」より

元国税局職員、さんきゅう倉田です。毎年のお正月の過ごし方は、「課税売上割合の計算」をすることです。  国税局の税務調査は年々進歩しており、10年ほど前まではインターネットを使った取引に対応しきれていませんでしたが、デジタルフォレンジックの導入や内部教育、携帯端末の発達により、調査先からデータを持ち帰ったり、マイナーな知識も事前に修得したりと、調査力は上がってきています。  今回紹介する調査事例は...

「つい油断して税金をちょろまかすと、必ず税務調査が入る理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、追加納税確定申告書税務調査マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧