税務調査でチェックされる経費の基準が10万円以上である理由とその他のポイント

相談LINE

税務調査でチェックされる経費の基準が10万円以上である理由とその他のポイント

中小企業の法人税の税務調査では、売上や原価、そして人件費など金額が大きい科目を優先的にチェックしますので、交際費などの経費は後回しにすることが通例です。このため、経費はざっくりと調査官がチェックすることが多いのですが、この際押さえていただきたい基準として、支払金額が10万円以上のもの、という基準があります。 ■10万円が基準になる理由 10万円以上という金額が問題になるのは、それが消耗品と固定資産...

「税務調査でチェックされる経費の基準が10万円以上である理由とその他のポイント」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧