傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(5)大西結花が語る「スケバン刑事III」の最期

アサ芸プラス

傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(5)大西結花が語る「スケバン刑事III」の最期

斉藤由貴、南野陽子に続く「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」(86~87年、フジテレビ系)。特に視聴者の胸を打ったのが、最終回の一つ前の回だった。そのタイトルは「結花、由真の最期」。風間三姉妹の長女・結花を演じた大西結花(49)に“真相”を聞いた。 ドラマの設定や内容は、私たち3人の出演が決まってから、「みんな『ゆ』がついているから三姉妹で」となったと、あとから聞きました。浅香唯のヨーヨー、私の折り鶴、...

「傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(5)大西結花が語る「スケバン刑事III」の最期」のページです。デイリーニュースオンラインは、結花、由真の最期大西結花斉藤由貴スケバン刑事南野陽子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧