大手も参入し始めた 保険業界“隙間商品”知恵比べ

週刊実話

多様化、複雑化する現代社会において、「かゆいところに手が届くこんな保険が欲しい」、「少額でも保険金があったら助かるのに」という要望も増加。そんな中、契約期間が1年から2年、補償(保障)額も数十万から1000万円限度の少額短期保険、いわゆる「ニッチ保険」のニーズが増えている。 「いま大ヒットしている少額短期保険商品の中で目立つのは、痴漢冤罪保険です。例えば、スマートフォンを通じ弁護士にSOSを送る『痴漢冤罪...

「大手も参入し始めた 保険業界“隙間商品”知恵比べ」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧