芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(2)クラブ通いの日々だった広末涼子

アサ芸プラス

芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(2)クラブ通いの日々だった広末涼子

有名人だって、いや有名人だからこそ、時にはハメを外したくなる。夜の酒場で杯を重ねれば、しだいに周囲の視線も気にならなくなり‥‥。タガが緩みすぎて街中で騒動を起こした代償は──。 数あるスキャンダルの中でも金メダル級のやりすぎた騒動となったのが、長野五輪・女子モーグル金メダリストの里谷多英(41)の一件だ。 05年2月、現場は六本木クラブの奥のVIPルームの中、相手は現地調達した男2人だった。事件を取材した芸...

注目記事
「芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(2)クラブ通いの日々だった広末涼子」のページです。デイリーニュースオンラインは、里谷多英週刊アサヒ芸能 2017年 10/12号山本モナ草なぎ剛広末涼子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧