近鉄のコンブリンクが手術 年内復帰は絶望的で世界選抜試合も欠場へ

ラグビーリパブリック

宗像サニックス戦。タッチライン際でエブリンハムに捕まりながらも仲間にパスを出すコンブリンク(撮影:Hiroaki. UENO) 10月1日の宗像サニックスブルース戦で左肩を負傷し、翌週の試合を欠場していた近鉄ライナーズのWTB/CTBルアン・コンブリンクが、10日に母国の南アフリカで手術を受けたことが明らかになった。本人がツイッターを更新し、入院中の写真をアップして、「私に起こるものは何でも、私のために起こる」とポジテ...

「近鉄のコンブリンクが手術 年内復帰は絶望的で世界選抜試合も欠場へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧