本物の極道だった“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が見る『アウトレイジ 最終章』

日刊サイゾー

瓜田純士
瓜田純士

“元アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(37)が森羅万象を批評する不定期連載。今回のお題は、北野武監督の人気シリーズ映画で5年ぶりの続編となる『アウトレイジ 最終章』だ。元極道であり、北野映画のファンでもある瓜田は、この作品を見て何を思い、何を語るのか?  17歳から10年間に渡り暴力団に所属し、組抜けしてからも数々の事件やトラブルを巻き起こしてきた瓜田だが、2014年に4度目の結婚をして以降は、すっかり更生...

「本物の極道だった“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が見る『アウトレイジ 最終章』」のページです。デイリーニュースオンラインは、瓜田純士インタビューカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧