【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

デイリーニュースオンライン

佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!
佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

ロッテが球団ワーストの敗戦数を記録して最下位でシーズンを終えた。これまでの最多敗戦数は85敗。1963年の「毎日大映オリオンズ」時代のことだ。あの頃は年間150試合でペナントレースが行われていたため、143試合で87敗の今季のほうが、結果はより悪いということになる。  ただ、来季へ向けて、チームに光がなかったわけではない。その光となったのは昨秋のドラフト1位の佐々木千隼、2位の酒居知史の2人だ。 ※野球の見方が...

「【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!」のページです。デイリーニュースオンラインは、酒居知史佐々木千隼野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧