オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

ヘルスプレス

オーラルセックスが「頸部がん」の原因に!?(depositphotos.com)
オーラルセックスが「頸部がん」の原因に!?(depositphotos.com)

オーラルセックス(口腔性交)が一般的になってきていることが増加の一因かもしれない。その可能性は否めない――。  いきなり衝撃的な結論から記したが、これはヒトパピローマウイルス(HPV)陽性の「頭頚部がん」の増加に関する米国がん協会 (American Cancer Society ; ACS)の公式見解である。  順を追って説明しよう――。 セックスでがんがうつる理由  頚部腫瘤(けいぶしゅりゅう)とは読んで字の如し、「頸部(首)...

注目記事
「オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生」のページです。デイリーニュースオンラインは、子宮がんヒトパピローマウイルス性感染症感染症がんカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧