中韓通貨スワップ協定、終了かと思われていたが一転して3年延長へ

サーチナ

中韓通貨スワップ協定、終了かと思われていたが一転して3年延長へ

2017年10月10日に中韓通貨スワップ協定は期日を迎え、満期で終了したと見られていたが、一転して中韓両国は3年延長することで合意したという。  中国財政部や中国人民銀行などによる公式の発表は、日本時間13日午後12時の時点で確認されていないが、中国メディアのfx168が韓国メディアの報道を引用して伝えている。  記事は韓国メディアの報道を引用し、韓国の中央銀行である韓国銀行と韓国企画財政部が1...

「中韓通貨スワップ協定、終了かと思われていたが一転して3年延長へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧