日本人は頭を使うのが好き! 欧米発のパズルが「数独」となり「SUDOKU」として広まった理由=中国

サーチナ

日本人は頭を使うのが好き! 欧米発のパズルが「数独」となり「SUDOKU」として広まった理由=中国

2005年に任天堂が発売した「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は、当時一大ブームを巻き起こした。また、電車の乗客や入院中の患者などが「ナンバープレース(数独、ナンプレ)」をしている姿を見たことがある人も多いだろう。  中国メディアの捜狐はこのほど、日本人が数独に親しんでいる姿を通じて、英メディアが「日本人はゲーム感覚で数字に親しむ文化がある」と報じたことを紹介した。  記事は、子どもにとっては...

「日本人は頭を使うのが好き! 欧米発のパズルが「数独」となり「SUDOKU」として広まった理由=中国」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧