ジェラルド・バトラー、『300 〈スリーハンドレッド〉』撮影中にヘルニアに

ビッグセレブ

ジェラルド・バトラー
ジェラルド・バトラー

ジェラルド・バトラー(47)は『300 〈スリーハンドレッド〉』の撮影中にヘルニアになってしまっていたという。2007年の同ヒット作で主人公のレオニダスを演じていたジェラルドだが、劇中の最も代表的なシーンの1つとなった「これがスパルタだ」と叫びながらキックする撮影の際、2回目の蹴りでヘルニアになってしまったのだそうだ。 ショートリスト誌のインタビューでジェラルドはこう振り返る。「あの映画の撮影中の俺の精神は...

「ジェラルド・バトラー、『300 〈スリーハンドレッド〉』撮影中にヘルニアに」のページです。デイリーニュースオンラインは、コリオレイナス300 〈スリーハンドレッド〉ショートリストシェイクスピアジェラルド・バトラー海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧