【音アリ】「不吉な音」だけで作った“超タブーな実験曲”がヤバすぎる! 人間椅子・和嶋がトンでもない曲を制作(インタビュー)

トカナ

※画像は、和嶋慎治
※画像は、和嶋慎治

10月4日にバンド生活28年目の20枚目のニューアルバム「異次元からの咆哮」をリリースした人間椅子。ヘヴィでポップなハードロックは健在で、はやくも「噛めば噛むほど味が出るアルバム」「好きすぎて何回も聞いている」など大大大好評だ。  そこで、人間椅子メンバーの中でも大のオカルト好きとしても知られる和嶋慎治(G, Vo)に、アルバム各曲に込められた狙いから、現代日本の最新オカルト事情までうかがってみた。(聞き...

注目記事
「【音アリ】「不吉な音」だけで作った“超タブーな実験曲”がヤバすぎる! 人間椅子・和嶋がトンでもない曲を制作(インタビュー)」のページです。デイリーニュースオンラインは、和嶋慎治吉田悠軌人間椅子オカルトカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧