タックスヘイブンを利用した相続税・贈与税の租税回避に対する今後の展望

心に残る家族葬

タックスヘイブンを利用した相続税・贈与税の租税回避に対する今後の展望

1年半が経過したパナマ文書の公表。公表後、2016年5月に財務省はパナマと租税条約を締結した。これは一部富裕層の租税回避行為を監視・封込めをする目的で締結されたものだ。具体的には、マイナンバーと紐づいて、パナマの日本人銀行口座を監視し、租税回避行為があった場合、直ちに摘発できるよう規定されている。では何故、パナマ文書と相続税の節税対策が繋がるのかと言うと、パナマ文書の公表で、タックスヘイブン(低課税...

注目記事
「タックスヘイブンを利用した相続税・贈与税の租税回避に対する今後の展望」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧