共産党王朝の終焉を暗示か?中国全土で加熱する”監視カメラ2000万台”体制の実態

デイリーニュースオンライン

中国における監視社会の驚愕の実態 (C)孫向文/大洋図書
中国における監視社会の驚愕の実態 (C)孫向文/大洋図書

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2017年10月24日、同月18日から開催されていた中国の国会にあたる「十九代」(中国共産党第十九回全国代表大会)が終了しました。  十九代が開催される直前の17年10月初頭から、CCTV(中国中央テレビ)の発表により、中国全土におよそ2000万台の監視カメラが設置されました。ちなみに2000万台という数は政府の公式発表で、実際の設置数はこれを上回ると予想されます。  僕の故郷の浙...

注目記事
「共産党王朝の終焉を暗示か?中国全土で加熱する”監視カメラ2000万台”体制の実態」のページです。デイリーニュースオンラインは、習近平中国連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧