タトゥーにまつわる世界各国のディープすぎるトリビア5選! 皮膚を剥ぎ取る激痛施術、胸に巨大紋章を彫ったアメリカ大統領も…!

トカナ

イメージ画像:「Thinkstock」より
イメージ画像:「Thinkstock」より

日本では江戸時代に“黥刑(げいけい)”と呼ばれる、罪を犯した者の体に入れ墨を入れる刑罰が施行されていた。今でこそ若者の間でファッションとして取り入れられるようになったタトゥーだが、その歴史は古代ギリシア時代にまでさかのぼる。今回はタトゥーにまつわる伝承5選を紹介しよう。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/11/post_14767.html】 ■ミイラに彫られたタトゥー  タトゥーは時に、社会的地位や知...

「タトゥーにまつわる世界各国のディープすぎるトリビア5選! 皮膚を剥ぎ取る激痛施術、胸に巨大紋章を彫ったアメリカ大統領も…!」のページです。デイリーニュースオンラインは、パジリク遺跡スカリフィケーションアメリカ大統領山下史郎古代ギリシャ海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧