フランス戦で負傷したNZ代表2番のコールズ 要手術で全治約半年

ラグビーリパブリック

ニュージーランド代表“オールブラックス”のHOデイン・コールズが、11日にパリでおこなわれたフランス代表戦でひざを負傷し、回復まで半年近くかかる見通しであることが明らかになった。 オールブラックスで56キャップを重ね、現在、世界最高のフッカーのひとりと言われているコールズは、フランス戦の前半8分に先制トライを挙げてチームに勢いをつけたが、その4分後、自身が蹴ったボールを確保した相手選手へプレッシャーをか...

注目記事
「フランス戦で負傷したNZ代表2番のコールズ 要手術で全治約半年」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧