真木よう子の映画降板が「本人の意思ではない」ならば…事務所ストップの理由は積もり積もった不信感か

messy / メッシー

真木よう子Instagramより
真木よう子Instagramより

女優・真木よう子(35)が篠原涼子の主演映画『SUNNY(サニー)強い気持ち・強い愛』(2018年公開)への出演を撮影直前で降板していたことが11月10日多くのメディアで報道された。同日、真木の所属事務所である株式会社フライングボックスは降板理由について「現状の体調、コンディションでは長期に渡る撮影が難しく、また映画製作側へのご迷惑をかけかねない状況を考慮して、止むを得ず降板させていただくことになりました」と...

注目記事
「真木よう子の映画降板が「本人の意思ではない」ならば…事務所ストップの理由は積もり積もった不信感か」のページです。デイリーニュースオンラインは、真木よう子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧