フジテレビ月9ドラマ『民衆の敵』第4話は”ご都合主義”のオンパレードで停滞7.6%

デイリーニュースオンライン

フジテレビ月9ドラマ『民衆の敵』第4話は”ご都合主義”のオンパレードで停滞7.6%(写真はイメージです)
フジテレビ月9ドラマ『民衆の敵』第4話は”ご都合主義”のオンパレードで停滞7.6%(写真はイメージです)

篠原涼子(44)が主演を務める「民衆の敵」(フジテレビ系)第4回が11月13日に放送され、平均視聴率7.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。前回よりも0.1%微増し横ばい状態が続いているものの、今後の先行きはまだまだ明るいとはいいがたい。  第4話では、智子(篠原涼子)は共働き世帯の子どもを預かれる場所をつくるため、さらには寂れた商店街を復活させるために「子ども食堂」を立ち上げる。「きち...

注目記事
「フジテレビ月9ドラマ『民衆の敵』第4話は”ご都合主義”のオンパレードで停滞7.6%」のページです。デイリーニュースオンラインは、民衆の敵篠原涼子フジテレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧