親の土地に家を建てた場合の借地権の解釈と相続や贈与との課税関係を解説

相談LINE

親の土地に家を建てた場合の借地権の解釈と相続や贈与との課税関係を解説

前回、権利金のやり取りがない借地権の課税関係について述べましたが、このうち貸主・借主が共に個人である場合、原則として贈与税の課税関係が生じることになります。原則として、と記載しましたが、実際のところ贈与税が課税されることはほとんどありません。 ■親の土地に子供が家を建てた場合の権利金は発生しないことが殆ど 個人間で土地を貸す、といった場合、その多くは親子間などで行われます。例えば、親が持つ土地を子...

注目記事
「親の土地に家を建てた場合の借地権の解釈と相続や贈与との課税関係を解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧