慶大生6人の集団レイプで不起訴判決?主犯格の国籍問題でネット上が大紛糾

デイリーニュースオンライン

Photo by dbnunley(写真はイメージです)
Photo by dbnunley(写真はイメージです)

慶應大学の男子学生6人が女子大学生を酒に酔わせた上で集団で乱暴したとして、集団準強姦の容疑で書類送検されていた事件について、横浜地検は11月28日に不起訴処分を発表した。不可解すぎる”不起訴”判決に加え、地検がその理由を明らかにしなかったことで世論が荒れている。 「スーパーフリー事件(03年)の和田真一郎に懲役14年の実刑が下っていることを考えると、明らかに不審な判決です。少なくとも主犯格の学生Sは起訴さ...

「慶大生6人の集団レイプで不起訴判決?主犯格の国籍問題でネット上が大紛糾」のページです。デイリーニュースオンラインは、慶応大学レイプ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧