「節税対策 短期前払費用の特例」を検討する上で大事な「重要性の原則」とは?

相談LINE

「節税対策 短期前払費用の特例」を検討する上で大事な「重要性の原則」とは?

代表的な節税方法の一つに、短期前払費用の特例があります。この特例は、前払費用のうち、その支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合において、その支払った額に相当する金額を継続してその支払った日に経費としていれば、その段階で経費とすることができる、というものです。 この代表例は家賃です。例えば、12月決算の会社が今年の12月に来年1年分の家賃を前払いした場合、本来その前払した...

注目記事
「「節税対策 短期前払費用の特例」を検討する上で大事な「重要性の原則」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧