『M-1』マヂカルラブリーを“公開処刑”した上沼恵美子、本番終了後にフォローしていた

日刊サイゾー

「あかんたれ」(テイチクエンタテインメント)
「あかんたれ」(テイチクエンタテインメント)

恒例の漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)の決勝が3日に放送され、出場資格ギリギリとなる結成15年のとろサーモンが悲願の優勝を飾った。  だが、ネット上で「真のM-1王者」と呼ばれているのは、審査員の上沼恵美子だ。冒頭でさっそく「去年もやらしていただいて、ネットの書き込みで、顔が白いって……。だから今日は素顔で来ました」と、自らタブーネタに触れ、会場を盛り上げた。  昨年、低評価だったカ...

注目記事
「『M-1』マヂカルラブリーを“公開処刑”した上沼恵美子、本番終了後にフォローしていた」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧