高橋真麻、テレビに出るために「不幸でいたい」戦略の落とし穴

サイゾーウーマン

高橋真麻、テレビに出るために「不幸でいたい」戦略の落とし穴

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。 <今回の有名人>「不幸でいたい」高橋真麻 『ダウンタウンDX』(日本テレビ系、11月30日)  10代の頃の高橋真麻を、私は見たことがある。  といっても、もちろん私は知人でもなんでもなく、真麻はお嬢さま女性誌「25ans」(ハースト婦人画報社)に、“俳優・高...

注目記事
「高橋真麻、テレビに出るために「不幸でいたい」戦略の落とし穴」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧