天才テリー伊藤対談「立川志らく」(4)立川流の中で誰も談志を継がない?

アサ芸プラス

天才テリー伊藤対談「立川志らく」(4)立川流の中で誰も談志を継がない?

テリー 師匠が今後目指していきたいことって、何かあるんですか。志らく 伝統芸能というのは、師匠が死んだらその弟子の中に入り込んで、自分のやり残した落語・芸に対する未練を弟子と一緒に語りながら解消していくものだ、と思っているんです。だから、今、自分の体の中に談志は生き続けているんですよ。談志が死んだのは75歳、私は54歳なので、その年までに体の中の談志を消さなくてはいけない。テリー 師匠を消してしま...

注目記事
「天才テリー伊藤対談「立川志らく」(4)立川流の中で誰も談志を継がない?」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2017年 12/7号立川志らく立川談志落語家テリー伊藤エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧