女装させる、髷を切り落とす…江戸時代の遊郭でお仕置きされた時の対応策「豆本多」とは?

Japaaan

女装させる、髷を切り落とす…江戸時代の遊郭でお仕置きされた時の対応策「豆本多」とは?

江戸時代と言えば男性社会であり、遊郭もその範疇に入っていたかと思われがちですが、意外や意外、遊女や郭への扱いがひどい客人は様々なお仕置きを受けていました。その内容も様々で、『女装させる』『髷を切り落とす』『それらの姿をした男性をさらし者にする』など過激なものがありました。 そうした遊郭の掟でお仕置きをされても、粋人達も対応策を持っていました。本項では、それを紹介します。 浮気な悪い客には伝家の宝...

注目記事
「女装させる、髷を切り落とす…江戸時代の遊郭でお仕置きされた時の対応策「豆本多」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、遊郭江戸時代雑学カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧