「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!

アサ芸プラス

「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!

12月1日、今年の世相を反映した「2017ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞には「インスタ映え」「忖度」の2つが選ばれた。 しかし、話題にこそなったものの、それこそ“忖度”によって消え行く言葉もある。そんな“裏流行語”にスポットを当てて顕彰してみよう。 まずは、元SPEED・今井絵理子参議院議員のあのひと言だ。「妻子のいる橋本健神戸市議(当時)との不貞疑惑が発覚し、釈明会見で放った『一線は越えてい...

「「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、アサ芸シークレットVol.49橋本健今井絵理子宮迫博之上原多香子カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧