日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(2)二所ノ関一門の意向を反映

アサ芸プラス

日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(2)二所ノ関一門の意向を反映

だが、日馬富士の引退で世間の批判をかわすことができたとしても、肝心の暴行事件の解決には、貴ノ岩(27)の師匠である貴乃花親方(45)の協力が不可欠。ところが、11月30日に開かれた理事会では、それまで完黙を貫いていた貴乃花親方も出席し、協会との全面対決の場となったのだ。「理事会の席次は貴乃花親方の向こう正面に八角理事長、さらには春日野親方(55)、尾車親方(60)が両脇を挟み撃ち、執行部が貴乃花親方をぐる...

「日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(2)二所ノ関一門の意向を反映」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2017年 12/14号貴ノ岩日馬富士貴乃花相撲スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧